2年縛りの違約金を支払わない時期に格安スマホにMNP乗換えするべき!

ドコモやソフトバンクなど大手キャリアを使っている人は

次の2年縛りが終わる期間の間に格安スマホに乗り換えするべきです。

 

だって、解約するのに違約金支払うっておかしいと思いませんか?

スポンサードリンク




大手キャリアの囲い込みから抜け出そう

ドコモやソフトバンクなどの大手キャリアは契約で2年縛りという囲い込みをしてきます。

 

契約から2年以内に解約をすると違約金が発生する、というものですね。

違約料金は9500円と決して安くはなく、かなりハードルが高いですよね。

 

 

しかも、酷いのは、2年縛りの期間が終わった月とその翌月に解約しなければ、

自動更新されてしまい、また2年間、違約金が発生する契約期間に突入するのです。

 

これはさすがに目を疑いました。

「いやいやいや、2年契約しとったやん。なんで、また2年契約になっとるん?」

まー、間違いなく、ほとんどの人がこう思うはずです。

 

2年契約後はいつ解約しても違約金なしにせんかい!!

というツッコミもしてますよね。

 

この大手キャリアの傲慢ともいえる契約スタイルはさすがの国も苦言を呈していますね。

2年縛りを緩和するように総務省が大手キャリア3社に注文を付けたようです。

 

 

ちょっと遅すぎるくらいですが、

ただ、現実的にはまだ2年縛りを緩和するとは思えません。

 

実質、ドコモやソフトバンクなどの大手キャリアを利用している人は多いですし、

緩和することも努力の範囲であって、義務ではないからです。

 

 

法律で2年縛りを禁止する、とズバっと決めれば動かざるを得ませんが、

まだまだ大手キャリアの2年縛りは続くと思われます。

 

 

だからこそ、大手キャリアのユーザーの方は

次の2年縛りが終わる月に格安スマホに替えるべきなんです。

 

 

格安スマホ(SIM)に乗り換えするメリット

格安スマホに乗り換えすれば大手キャリアでは得られなかった恩恵を受けれます。

 

1.いつでも好きなときに解約金なしで乗り換えできる

まさに今悩んでいる乗り換えに関してのメリットです。

格安スマホ各社は2年縛りという悪習はありません。

 

格安スマホを利用していて、

「あ~、この格安SIM、おっせ~な。乗り換えしようかな。」とか

「女優の〇〇さんがCMしてる格安SIMに変更したいな。」とか

 

「乗り換えキャンペーンで人気アイドルの非売品グッズが貰えるの?」

などの理由で簡単に乗り換えすることが可能になります。

 

 

乗換えにかかる違約金は0円です。

新しく契約する格安SIM会社とは初期費用3000円が発生しますが、

これは、いつ、どこに乗り換えても発生する費用です。

 

 

2.端末の縛りがない

 

格安SIMさえ持っていれば、機種を変えるだけですぐに使えます。

例えば、最新のIPhoneが発売されて、購入しました。

 

ドコモの場合だと、ドコモのSIMロック(ドコモで販売している端末以外は使えない)が

かかっているため、ドコモで契約しなければなりませんでした。

 

でも、格安SIMならSIMフリー版のIPhoneを手に入れることで、

端末横のSIM版に格安SIMを挿入するだけですぐに使うことができるのです。

 

 

わざわざ、ドコモやソフトバンクの店舗に行って

手続きしなくても良いので時間を有効に使うことができます。

 

 

3.月額料金が圧倒的に安い

格安SIMの最大のメリットは月額料金の安さです。

 

大手キャリアでは6~7000円だった月額料金が格安SIMにすると、

月額わずか2000円程度

 

大手キャリア→格安SIMに替えた身としては、

今までどれだけお金を無駄にしていたかをもの凄く実感してます。

 

 

4.気になる通信速度もさほど悪くない

格安SIMが気になってるけど、通信速度が遅そう・・・と思っていませんか?

実際、利用してみると、大手キャリアと遜色ないくらいの通信速度が出てます。

 

他の格安SIMも時間帯によってまちまちですが、おおむね好評です。

 

5.無駄なオプションがつかない

一度は経験したことがあると思いますが、

ドコモショップなどに行くと、必ずと言っていいほど、

無駄にオプションを付けさせられますよね。

 

 

これはどう考えてもいらないだろ、と思うものまで薦めてきて、

断っても「とりあえず3ヵ月間は無料なのでつけておいてください。」って言われますよね。

あと、「とりあえずオプションを付けておいていらなくなったらすぐに解約できますので。

と迫られて、しぶしぶ契約しませんか?

 

 

僕の場合は、最初から絶対にいらないと思ったオプションは

つけなかったわけですが、ちょっと気の弱い人だと絶対に全部付けちゃいますよね。

 

それで、解約手続きを忘れたり、面倒だったりして何か月分は支払ってしまうわけです。

 

 

こういう無駄なオプションも格安スマホは

自分でつけるかつけないかを選ぶことが可能です。

 

契約した後からでも付け足すことができるので、

とりあえず何もなしで契約するのが良いと思います。

 

 

格安スマホに乗り換えるメリットはかなり大きいですが、反対にデメリットもあります。

 

 

格安スマホに乗り換えるデメリット

格安スマホに乗り換えたことによってキャリアでは

当然だったサービスがなくなる場合があります。

 

1.キャリアメールが使えない

格安スマホが気になっている人でも乗り換えを

ためらっている理由の上位にあげられるキャリアメール問題。

 

キャリアメールとは「〇〇〇@docomo.ne.jp」といったメールサービスのことです。

 

 

今の時代、スマホユーザーのほとんどの人が

LINEを利用しているのでLINEが家族や友達との

主な連絡手段になりつつありますが、

携帯電話(ガラケー)を使用している人も年配の方を中心に

まだまだ多いので、その方々と連絡を取る際はキャリアメールが便利ですよね。

 

実際、僕の父もガラケーなので連絡手段はキャリアメールでしたが、

今はショートメールを利用しています。

 

 

僕の例のように自分の親や祖父母との連絡を

キャリアメールでしている人が結構多くて、

連絡手段がなくなることを危惧して格安スマホに乗り換えないって人もいるようです。

 

 

ただ、キャリアメールが使えなくても

フリーメールを利用すればいいですし、ショートメールでも十分連絡は取れますよね。

 

 

それから、親や祖父母も格安スマホに乗り換えさせて

LINEで連絡を取るという手段もあります。

 

実はこの方法が長い目で見れば経済的だったりします。

 

 

2.店舗がない

格安スマホは基本的に店舗がありません。

だからこそ、人件費を削減できて、破格的な料金を実現できているわけですが。

 

 

店舗がないためにどうやって乗り換えするのか分からない、

端末はどうするの?などかなり不安だと思います。

 

格安スマホに乗り換えるには各ホームページで完結できるのですが、

実は店舗も持っているところもあるんです。

 

 

それが楽天モバイルです。

楽天モバイルは最新機種を選べて通信速度も速い!楽天メール使用可能!

 

楽天モバイルは数店舗あるので、

「ネットで契約するのが不安」という方は店舗に行ってみてはどうでしょうか。

 

 

まとめ

大手キャリアでは2年縛りがあり、

解約月以外で解約すると違約金が発生するため、リスクが大きすぎる。

 

格安スマホはいつでも好きなときに解約できて違約金も発生しないため健全。

 

 

キャリアメールが使えなくなる店舗がなくて契約が不安

というデメリットもありますが、

料金が圧倒的に安くなる2年縛りがないなどのメリットの方が大きい。

 

 

【結論】

次の解約月になったらすぐに格安スマホに乗り換えるべし!!

 

スポンサードリンク