ソフトバンクを解約して格安スマホに乗り換える方法と違約金

ソフトバンクを解約して格安スマホに乗り換える方法をご紹介します。

解約のタイミングによって違約金が発生する場合があるので、

タイミングを逃さないようにしましょう。

スポンサードリンク




ソフトバンクから格安スマホに乗り換える方法

 

ソフトバンクから格安スマホに乗り換えるには、

MNP(ナンバーポータビリティ)を利用します。

 

ソフトバンク店頭でも取得できますが、

電話で取得する方法が最も簡単な方法です。

 

ソフトバンクの解約方法(公式サイト)

 

MNP番号取得方法

ソフトバンクでMNP番号を取得するには、

ソフトバンクMNP番号お問い合わせ窓口に電話します。

 

ソフトバンクのお問い合わせ窓口は以下の通りです。

 

ソフトバンク携帯から取得する場合

※5533(通話料無料)

 

ソフトバンク携帯から取得する場合は、※5533で繋がります。

音声案内に従って進めてください。

 

ソフトバンク以外の固定電話・携帯電話から取得する場合

0800-100-5533(通話料無料)

 

ソフトバンク以外の電話から取得する場合は、

フリーコールで取得できます。

こちらも音声案内に従って進めてください。

 

ソフトバンクお問い合わせ窓口

午前9時~午後8時

 

 

ソフトバンクお問い合わせ窓口は

午前9時~午後8時までですが、

午後12時~午後1時、午後5時以降は繋がりにくくなるので、

できれば午前中に問い合わせればスムーズに取得できると思います。

 

 

MNP番号取得の所要時間

MNP番号取得のためにお問い合わせ窓口に問い合わせると

音声案内が流れ、指示に従って進めていきます。

最後にコールセンターに繋がり、担当者と直接会話することになります。

 

MNP番号取得には、30分程度かかります。

混み合っている場合は1時間程度かかる場合がありますので、

余裕を見て電話しましょう。

 

 

コールセンターの最後の説得を切り抜けろ!

MNP番号のお問い合わせ窓口では、

最後にコールセンターで担当者と会話します。

 

 

理由は「本人確認」と「最後の説得」です。

 

 

まず、電話をしているのが本人かどうかを確認してきます。

代理人を立てていた場合、正当な理由がない限り、

「本人しか受け付けません。」と断ってきます。

 

 

本人確認が終わると、最後の説得が始まります。

流れとしては、ソフトバンクの何が不満なのか、を確認してきます。

 

  • 「料金が高い」
  • 「端末代が高い」
  • 「他社の商品が魅力的」
  • 「電波が悪い」
  • 「店員の態度が気に入らない」

 

大体がこのような理由ですが、

それぞれの理由に対してマニュアルがあり、

解約しないように説得してきます。

 

 

例えば、「料金が高い」という理由ならば、

今は比較的安いプランも出ているので、

一度、店頭でプランの見直しをしましょう。

お近くのソフトバンクショップに予約をお取りしますが・・・」など。

 

 

解約を阻止するべくあの手この手で誘惑をしてきます。

 

 

ただし、ここで「分かりました。一度検討します。」と言ってしまえば、

今までの30分が無駄になってしまうので、屈さないようにしましょう。

 

 

最後に、

もし今、解約を止めてくれるなら、特別プランを用意できます。

ポイントを○○ポイントお付けします。

最新機種を0円でお使い頂けるようにします。」など

かなり心を動かされる言葉を掛けられますが、

格安スマホより安いことはないので、きっぱりと断りましょう。

 

 

この最終説得をクリアできれば、MNP番号を取得できます。

 

 

MNP番号取得にかかる手数料と違約金

MNP番号を取得する際には、発行手数料がかかります。

 

MNP番号発行手数料:3000円

 

 

ソフトバンクの場合は3000円かかります。

この手数料はどのタイミングでも発生します。

 

 

ソフトバンクを解約する際に発生する違約金

ソフトバンク携帯を解約する際は違約金が発生する場合があります。

 

契約満了の翌月と翌々月は違約金が発生しませんが、

それ以外の月に解約すると違約金として9500円が発生します。

 

 

解約するベストタイミングは契約満了の翌月と翌々月

 

 

ソフトバンクユーザーと相性の良い格安SIM

ソフトバンクユーザーと相性の良い格安SIM会社は、

楽天モバイルです。

 

 

楽天モバイルなら専用メールアドレスが使える!

ソフトバンクユーザーの方は、

キャリアメールを使用していると思いますが、

格安SIMはキャリアメールがありません。

 

 

これが案外不便なのですが、

楽天モバイルなら楽天メールを使用できます。

 

楽天モバイルなら専用のアドレス(@rakuten.jp)をもらえて、

今までのキャリアメールと変わらないメールを

送受信することができます。

 

 

 

絵文字やデコメも簡単に送信できます。

 

 

楽天モバイルは業界最安値!

楽天モバイルの通話SIM3.1GBプランなら月額わずか1600円です。

これは業界最安値レベルです。

 

 

今までの通信料が月額7000円だと仮定すると、

7000円→1600円と5400円も安くなります。

 

年間だと64800円の節約が可能!!

 

 

管理人の私も格安SIMに変更しましたが、

今までと通信速度や通話環境、快適さが変わらないのに

通信料だけが安くなって、

なんでもっと早く替えなかったのか」と思うくらいです。

 

 

契約満了の翌月と翌々月のタイミングは

格安SIMに乗り換えるベストタイミングです。

 

 

この期間を逃すと違約金9500円が発生するので、

逃さないようにMNP番号を取得して乗り換えましょう。

 

 

MNP番号があれば、楽天モバイルの公式サイトで

すぐに手続きが可能です。

 

kousikisite

スポンサードリンク