TSUTAYAの格安SIMは子ども用スマホに最適!居場所確認・利用時間制限が1000円で!

TSUTAYAの格安SIMが小学生のお子さんが

いらっしゃるご家庭でかなり人気になっています。

 

というのも、今までの子ども用スマホって制約が多すぎて

使いにくいスマホが多かったのですが、

今回のツタヤのスマホは締めるところは締めて、

やるところはしっかりやるって感じでかなり高評価です。

 

それでは、詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク




TSUTAYAの格安SIMは子ども用スマホに決定!

TSUTAYAの格安スマホのTONEシリーズですが、

小学生のお子さんがいらっしゃるご家庭はかなり使えます。

 

 

小学生の子どもにスマホを持たせるのって、

ちょっと抵抗がある親御さんって多いのですが、

TONEならその心配を払拭してくれます。

 

 

そもそも、親御さんが心配していることは、

 

  • 子どもがトラブルに巻き込まれるのではないか
  • SNSでいじめに遭うのではないか
  • 月額料金が高い
  • 端末代も高い
  • 子どもがスマホ依存してしまうのではないか
  • 親が管理できないのではないか
  • 有害なサイトにアクセスしたら・・・
  • ゲームの課金をしてしまったら・・・
  • 子どもの居場所が分かるスマホが欲しい
  • インストールできるアプリを制限したい
  • スマホの利用時間を制限したい

などなど挙げればきりがないですね。

 

 

こういった心配や要望を満たすスマホってなかなかないですね。

個人的に各社のスマホの仕様などを

詳しく見ているのですが、全てを満たすスマホってありませんでした。

 

でも、このTSUTAYAのTONEなら全てを満たすことができます。

 

 

TSUTAYAのTONEができること

TSUTAYAの格安スマホでできることは以下の通りです。

 

 

  • 子どもの居場所が分かる
  • インストールできるアプリを制限できる
  • スマホの利用時間を制限できる
  • 有害なサイトを見せないことができる
  • 課金コンテンツを親が管理できる
  • 家族伝言機能で連絡が取れる

 

親御さんが子どもにスマホを持たせる理由って

おそらく塾とか習い事で夜遅くなるから心配!というものが多いと思います。

なので、子どもの居場所が分かる機能は必須ですね。

 

 

インストールできるアプリも制限できるので、

ゲームばかり・・・という状況にはなりにくいです。

 

 

スマホを利用できる時間を設定できるので、

例えば、夜9時以降~朝9時までは使用禁止と設定すれば、

その間はスマホを利用できないようになっています。

 

 

この機能の他にも、当然ですが通話もネットも普通に使えます。

(パケット無制限・IP通話)

 

 

これだけの機能が使えるのに月額料金は・・・

わずか1000円です。

 

 

契約事務手数料は通常であれば3000円かかりますが、

キャンペーン中なので無料でさらに、基本プラン月額最大6か月無料です。

 

 

つまり1人当たり6000円~9000円お得になるわけですね。

 

 

TSUTAYAの格安スマホの機種TONE

TSUTAYAの格安スマホ機種のTONEですが、2種類あります。

 

TONE(m14) 19800円

 

 

TONE(m15) 29800円

 

はい、見た目は変わりません。。。

 

 

どちらがいいとはご家庭によって違うので、

一概には言えませんが、TONEm14はシンプルなので、

さっき挙げた機能が使えればよいというご家庭はオススメです。

安いので。19800円なんて破格ですから。

 

 

TONEm15はTONEm14よりもハイスペックです。

LTE・1300万画素カメラ・メモリ2GBなど。

 

 

長期的に使うのであれば断然TONEm15の方がオススメです。

 

 

詳しいスペックや機能は公式サイトで確認できます。

 

公式サイトはこちら

 

 

ママモニターの9割がこのスマホを支持しています。

家計に優しい、簡単に使える!と大絶賛のようです。

その辺りの詳しい内容も公式サイトで確認できます。

 

 

TSUTAYAの格安スマホは正直どうなん?と思っていましたが、

これは見直したというかはっきりと使い道を示しているので、

利用する価値は十分にありますね。

 

ちなみに格安スマホは半年に1回ペースで

最新機種が発売されています。

 

TSUTAYAの格安スマホも最近機種が続々登場予定なので、

都度、最新情報を確認するようにしてくださいね。

 

最新情報はこちら

 

 

 

スポンサードリンク