緊張で頭が真っ白になる人の特徴 対処法は?

緊張で頭が真っ白になる人っていますよね。

反対に緊張してもスラスラと堂々と話をする人もいる。

その違いって何なのでしょう?

緊張して頭が真っ白になる人の特徴から対処法を見つけます。

スポンサードリンク




頭が真っ白ってどういう状態?

頭が真っ白という状態は「過度なストレスがかかっている状態

 

発汗する、発声できない、足が震える、など身体的な変化もあって、ますます緊張していることを意識してしまい、何も考えられなくなる状態です。

 

緊張して頭が真っ白になる人の特徴は?

緊張して頭が真っ白になる人の特徴は、周りの目を気にしすぎる人、だといえます。

失敗するとどう思われるか不安だ、

みんなが見ているから失敗できないぞ、と勝手にプレッシャーを感じてしまうのです。

 

緊張しても頭が真っ白にならない人がやっていること

緊張しても頭が真っ白にならず、むしろ緊張をプラスに変えている人もいることは事実です。

では、頭が真っ白にならない人は何をしているのでしょうか?

 

失敗しても良いと開き直っている

緊張しても頭が真っ白にならない人は失敗しても良いと開き直っています。

緊張したところでやることには変わりないのだから、どうにでもなれと腹を括っているのです。

さらに、失敗しても大して悪影響がないことを経験していますし、何より失敗体験をプラスに変える貪欲さもあるのです。

 

自分が失敗したことを笑い話に変えることも視野に入れているわけですね。

 

ただ、緊張してガチガチになっている人にとっては、難しいことだと思います。

頭が真っ白になる人は自分に自信が持てない人が大半ですので、まずは自信を持つことから始めましょう。

 

自分自身に自信を持つ方法

自信を持つには、小さな成功体験を積み重ねることが大切です。

1つずつステップアップすることで、「これは前にやったことがあるから大丈夫」という状況を増やしていけば緊張しにくくなるのです。

 

要は場数をこなせ、というわけです。

 

本当に些細なことでもよいので、何か成功したら自分で「よくやった」と褒めてみてください。

それだけで気分は上々♪

次はもう少し難しいことにチャレンジするのです。

 

その繰り返しで自信をつけていくのです。

 

話すことが苦手なら、「今日はあいさつをする。ノルマ1人」と決めて行動。

できたら、褒める。

次の日は「今日はあいさつをする。ノルマ5人」とステップアップ。

できたら、褒める。

また翌日は「今日はあいさつの後に一言入れる。」とステップアップ。

例)おはようございます。今日は寒いですね。

できたら、褒める。

 

と、こんな風に少しずつやっていくと徐々に会話への苦手意識がなくなっていくのです。

嘘だと思うのならやってみてください。本当に効果がありますので。

考える前にまず行動が基本です。

 

それでもダメなら根本的に精神的な弱さがあるので、基礎からトレーニングする必要があります。

 

 精神的な弱さを改善するトレーニング

 

 

このワークアウトを1つずつこなしていけば、誰でも同じ結果を出すことができます。

つまり、精神的な弱さを改善することができ、緊張しても頭が真っ白にならずに行動できます。

  • 大勢の前でスピーチするときも、堂々をハキハキと声が出ます。
  • 声をかけるのも一苦労な美人をデートに誘うことだって可能です。
  • 大事な試験でも緊張せずに本来の実力を発揮することができます。

 

まずは、自信を持つこと。

そして、精神的な弱さを改善すること。

 

これが緊張しても頭が真っ白にならない秘訣なのです。

 
 精神的な弱さを改善するトレーニング

スポンサードリンク